− 限りある資源を大切にしよう −


 ◆東邦キャリア株式会社 社長挨拶
 早いもので、東日本大震災から5年目を迎えております。
当社の会社がありますいわき市小名浜は、小名浜港を中心に大きく変化を遂げつつあります。
 復旧が進み、操業を再開された会社も多いと思いますが、福島県の場合は福島第一原発の爆発事故による放射能汚染の影響が足かせとなり、復興への道のりは、他県に比べ、相当厳しいものとなっているのが現実のようです。
 例えば、水産業はいまだに操業の見通しが立たず、漁業者は辛い日々を送っています。また、沿岸工事は進んでいるとはいえ、多くの被災者たちは仮設住宅などでの生活を強いられてもいます。さらに、「サンシャインいわき」と、観光が一大産業でもあったいわき地方は、東日本大震災、原発の影響で「牛の歩み」という状況です。
 しかし、小名浜港では、東港の建設、魚市場の新設、小名浜道路の建設計画、さらにはイオンモールの進出計画もあり、これから大きく前進するチャンスがあると思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 当社は、東邦亜鉛株式会社の100%子会社として昭和42年7月26日に創立されました。業務内容は、親会社である同社の原料及び製品の輸送を主目的としております。運輸部門、リサイクル営業部門、整備部門においてエコ走法、資源リサイクルに努力貢献し、お客様、地域の皆様方と共に成長し、今後とも我々社員一同、業務に精励することはもちろん、無事故、無災害を基本路線として営々、努めて参る所存です。

東邦キャリア株式会社
   代表取締役社長   鈴木 三喜男